困ったときのカーディナル
  • HOME
  • サービス紹介
  • 店頭でのポイントカード・会員カードの即時発行がスムーズに行なえる『ラベル付きカード』

店頭でのポイントカード・会員カードの即時発行がスムーズに行なえる『ラベル付きカード』

店頭でのポイントカード・会員カードの即時発行がスムーズに行なえる『ラベル付きカード』

その日のお買い物からポイントが貯められる即時発行のポイントカードはお客様にとって魅力的です。まとまったお買い物をする場合などは、初めて訪れたお店でもつい作りたくなってしまいますよね。そんなポイントカードや会員カードを店頭で即時発行する場合には、大きく分けて次の2つの方法があります。

  1. お客様にその場でポイントカードを渡して、後日スマホなどから会員登録をおこなってもらう。
  2. お客様にその場で入会申込書に顧客情報を記入してもらい、ポイントカードを渡す。

 

どちらの方法も一長一短ありますので、業態、顧客属性、データ活用などの用途に応じて選択することをお薦めしますが、今回はその場で完結するのが魅力の「②店頭で入会申込書に記入」するケースで利用できる、コストダウンやヒューマンエラーを避けることのできる「即時発行!ラベル付きカード」をご紹介します。

即時発行!ラベル付きカードのご紹介

入会申込書と発行するカードを別々に用意する場合に注意したいのが、顧客データが記入された入会申込書と渡したポイントカードの番号不一致です。データとして意味がないばかりでなく、顧客情報がずれてしまうことでトラブルの元にもなります。

「即時発行!ラベル付きカード」では、プラスチックカード券面と貼り付けしてあるラベルに同じバーコード等を印字処理します。ポイントカード発行時にラベルを剥がして申込書に貼ることで、番号がずれることなく、登録管理することができます。

カード発行までの流れ

【カード発行までの流れ】

  1. お客様が申込書に記入
  2. カードに貼付けしてあるラベルを剥がして申込書に貼る
  3. ポイントカード発行
  4. お持ちのシステムに情報を登録

 

以前は手書きで管理していたことなどもあり、人為的なミスが発生することもありましたが、この方法であれば忙しい会計時の手続きでもミスが起こることはほとんどありません。数年前と比べて個人情報の取り扱いへの厳しさとデータの重要性は格段に高まっていますので、ミスが発生しない仕組みを講じることが重要です。

そのような人為的ミスを確実に防ぐことのできる入会申込書とカードが一体化した商品(台紙付きカード)もありますが、入会申込書は自前のものを使いたい、申込書の作成コストを少しでも抑えたいという方には、「ラベル付きカード」がお勧めです。

商品のメリット

  • 店頭で即時発行
  • レジ担当者の負担軽減、ヒューマンエラーを予防する
  • 申込書はお客様の自由な書式が利用可能
  • 申込書とポイントカードを個別で発注できる
  • 簡単な手間でスムーズに管理

利用できるカードの種類

「即時発行!ラベル付きカード」を利用することができるおもなカードの種類は以下のとおりです。

PETカード(厚さ:0.25mm)

PETカード

カードの特長
  • テレホンカードと同じペット材(ポリエチレンテレフタレート)
  • PVCやPET-Gと比較して価格が安い
  • 印字適性がある
  • 出来る加工が限られる
  • 少しでも価格を抑えたい方におすすめ!
  • 量販店やドラッグストアなどでの会員カード、メンバーズカードとして人気
納期目安 2.5週間~ ※条件により異なります。詳細はお問い合わせください。

再生PETカード(厚さ:0.25mm)

再生PETカード

カードの特長
  • 基本的な特長はPETカードと同等
  • 再生ペットボトルを25%以上使用したエコなカード
  • 価格も安く、紙の会員カードよりも耐久性が欲しい方におすすめ
  • パネル加工をしなくてもボールペンで直接筆記することが可能
    ここがPETカードとの大きな違い!
納期目安 2.5週間~ ※条件により異なります。詳細はお問い合わせください。

PVCカード(厚さ:0.76mm)

PVCカード

カードの特長
  • プラスチックカードで最も多く用いられているPVC(ポリ塩化ビニル)素材
  • 会員カード、診察券や身分証など、幅広く使用される定番のカード
  • あらゆる加工に対応
  • PETカードと比較してカードに厚みがあり、しっかりとした手触り感がある
  • 耐久性に優れており、長く使用してもらえる
納期目安 3週間~ ※条件により異なります。詳細はお問い合わせください。

よくあるご質問

  • カードオモテ面にラベル貼付、カードウラ面にバーコード等を印字することはできますか?
    できません。カード部分への印字とラベル貼付の面は同面であることが条件になります。同面であれば、オモテ面またはウラ面どちらでも可能です。
  • 加工時にカードとラベルの番号がずれる可能性は無いのですか?
    事前にカードに無地のラベルを貼ってからカードとラベルに同じ内容の印字をおこないますので、加工機の構造上ずれることはありませんが、万一に備えバーコード自動検査機でラベルと券面印字の検査を行っています。
  • 券面のバーコードの上にラベルを貼ることはできますか?
    できません。事前にカードにラベルを貼ってからカードとラベルに印字をおこないますので、カード部分のバーコードの上にラベルを貼ることはできません。
  • ラベルの仕様は決まっていますか?
    材質はユポ80μ、サイズは15mm×45mm、右端5mm程度糊止めありが標準品となります。その他決まった仕様がある場合もご相談に応じることは可能ですので、標準品以外の仕様につきましては別途お問い合わせください。

最後に

スマートフォンの普及による生活のデジタル化、TポイントやPontaポイントなどの「共通ポイント」の台頭もあり、持ち歩くカードの種類は随分と減りました。一方でデジタル全盛の今だからこそ、手にポイントカードを持つ会計前の安心感や、その場で筆記をして会員登録を済ませてしまう面倒の少なさが好まれることも少なくありません。アナログの手触り感とデジタルの利便性をシーンに応じていかにバランスよく取り込めるかが重要になると考えられます。最適なポイントカードや会員カードをご提案しますので、まずはお気軽にご相談ください。

カーディナルとは? 選ばれる3つの理由

カード作成のお困りごとを解決するWebメディア「Card Market」を運営するカーディナルは、
50年以上にわたり30億枚以上のプラスチックカードを製作している
プラスチックカード専門メーカーのパイオニアです。