困ったときのカーディナル
  • HOME
  • コラム
  • 【ポイントカード最新事情】独自ポイントを運用する4つの方法とメリットデメリット

【ポイントカード最新事情】独自ポイントを運用する4つの方法とメリットデメリット

【ポイントカード最新事情】独自ポイントを運用する4つの方法とメリットデメリット

この記事では、ドラッグストア、ホームセンター、各種ショップなどで、お客様に配布するポイントカード、会員カードを作る方法をご紹介しています。店舗運営の方、印刷会社の方などにお薦めです。

 

近年のポイントカード事情

以前のポイントカード、ポイントサービスといえば、自店舗やブランドだけで利用できる「独自ポイント」を導入しているケースがほとんどでしたが、Tポイントを筆頭に、Pontaポイント、楽天スーパーポイント、dポイントなど、加盟店であればどこでも利用できる「共通ポイント」が台頭し、チェーン展開の店舗などはいずれかの共通ポイントに加盟していることが一般的になっています。

共通ポイントカード(ponta)

共通ポイントの特徴

汎用性の高いポイントが貯まる、使える
・独自ポイントのように、自社で管理運用する手間がない
・あまりに普及したため、加盟していることによる他店との差別化は図れない
顧客情報が得られない

独自ポイントの特徴

・競合との差別化
・リピート利用、来店促進
・ファン、ロイヤルカスタマーの育成
・顧客情報の取得
カードやアプリ、ポイントプログラムなど自前で揃える必要がある

共通ポイントには加盟しつつも、ポイントサービスの本来の目的である「顧客の囲い込み」という視点では共通ポイントでは不十分です。「顧客の囲い込み」「顧客接点の強化」「顧客行動データの獲得」などを目的として、独自のポイントプログラムを運用する企業は少なくありません。

そこで今回は、「独自ポイント」の運用を検討している方に向けて、「独自ポイント」のバリエーションと、それぞれのメリットデメリットについて解説していきます。

 

①スマートフォンアプリ(フルオンライン)

店舗数の多い大手外食チェーンやドラッグストアなどの流通、小売を筆頭としたサービスが均質化し競争が激しい業界を中心に、会員ランク制度などと組み合わせてスマートフォンアプリで独自ポイントを運用するケースが目立っています。

スマホアプリ

〇 メリット

・クーポン発行等の集客施策
購入時以外にも顧客との接触機会が増える
・獲得したポイントからオンラインストアへの誘導
・利用に応じた会員ランク制度など顧客の囲い込み
顧客行動データの取得(必ずしも個人情報を要求しない)
・ポイントカードの製造コスト不要

× デメリット

・開発期間、コスト、人員
・ポイントプログラムとアプリの運用
・アプリのインストールが必須
・「使えるアプリ」でないとすぐに消されてしまう。

アプリやポイントプログラムの設計と開発、プロモーション、継続的な利用を促す運用など、かなり大掛かりなプロジェクトになります。利用者が増え、顧客の囲い込みが機能した場合に運営側にとってメリットが大きい反面、初期の開発費はもちろんですが、運用コストが非常に大きくなるため、初めに自社に適しているかどうかの見極めが欠かせません。

参考:リピーターを育てる!会員ランクを活用した会員カード、ポイントカード事例

 

②ポイントカード+Webサイトやアプリ登録(オフライン→オンライン)

ポイントカードの発行時には登録や記入は必要とせず、後日スマートフォンなどからお客様自身に顧客情報を登録してもらいます。未登録の場合、ポイントを貯めることはできてもポイント利用はできない等の制限があります。

カード+スマホで登録

〇 メリット

・店頭での記入不要、気軽に受け取れる
・レジ前での会員登録による渋滞を避ける
・カードのばら撒きで所持率を高められる
データエントリーの手間が軽減できる

× デメリット

会員登録に課題。常に会員登録を促さなくてはならない
・顧客属性が明確ではないデータの蓄積
・ポイントカードの制作コスト

「ポイントカードを配る」「ポイントを貯めてもらう」「ポイント利用のために会員登録を促す」というステップが一般的です。お客様側がポイントカードを気軽に利用できる一方で、その後の会員登録が最大の課題になります。

 

③ポイントカード+申込書(顧客側はオフライン)

店舗で紙などの申込書に個人情報を記入してもらった後でポイントカードを発行する方法です。現在もドラッグストアを中心に多くのシーンで見ることができます。

ポイントカード申込書

〇 メリット

顧客管理をスモールスタートできる
・カードの発行と会員登録がセットになるため確実に顧客情報が得られる。
・限定ポイントアップキャンペーンなど、店頭で会員登録を促すインセンティブを仕掛けることができる。

× デメリット

・登録や手間を避けたいお客様には敬遠される
・会計時にカード発行するとレジに渋滞を引き起こす
・記入されたメールアドレスなど、顧客データの正確性
・顧客システム側へのデータエントリーが必要

顧客管理とポイントプログラムをスモールスタートしたい場合などにお薦めです。申込書に記入をしてポイントカードを発行する方式は、デジタルに不慣れな世代も含めた幅広い年代が利用する業態やサービスにも適していると言えます。

※参考:ポイントカードの即時発行がスムーズに行なえる『ラベル付きカード』
※参考:メンバーズカードやプロモーションに最適な『台紙付きカード』

 

④登録不要。スタンプ式のポイントカード(完全オフライン)

従来からのスタンプを押すタイプのポイントカードです。プラスチックカードにシールや加工をすることでも対応できますが、紙のカードが一般的です。飲食店や美容院など、現在でも見掛ける機会は少なくありません。顧客データの取得やデジタルを活用した展開はできませんが、店舗との距離感の近い店舗などに適しています。

ポイントカード(スタンプ)

〇 メリット

手軽にスタートできる。
顧客サービスの一環として利用者の満足度を高める
・近隣顧客を中心とした緩やかなファンづくり

× デメリット

顧客情報が得られない
店舗から情報発信やアプローチができない。来店を待つのみ

当然ながらできることは限られますが、手軽にはじめられることが一番のメリットです。デジタルマーケティングを必要としない近隣のお客様に向けて、顧客サービスの一環として運用することで、結果的に顧客のリピート利用や囲い込みにつながります。

最後に

いかがでしたでしょうか。
ポイントと一口にいっても様々なケースがあることがご覧いただけたかと思います。
国民の約8割がスマートフォンを保有し、デジタルがリアルな生活と密接に係わる一方で、個人情報の登録や利用については警戒する利用者が増えていることも事実です。また、せっかく収集したデータを活用できないケースも少なくありません。ポイントプログラムは継続して運用が求められる以上は、自社の状態やマーケットを冷静に評価し、適したプログラムを採用したいものです。

カーディナルとは? 選ばれる3つの理由

カード作成のお困りごとを解決するWebメディア「Card Market」を運営するカーディナルは、
50年以上にわたり30億枚以上のプラスチックカードを製作している
プラスチックカード専門メーカーのパイオニアです。