困ったときのカーディナル

エンボス加工って?仕様や作成時のポイントを解説

エンボス加工って?仕様や作成時のポイントを解説

プラスチックカード作成の後加工としても利用される、エンボス加工をご存知でしょうか?

エンボス加工とはカードの表面に数字や英字・カタカナを凸状に盛り上げる加工のことです。

身近にあるキャッシュカードやクレジットカードには、口座番号や氏名にエンボス加工が施されるケースが多く、その他にも印鑑登録証や会員証、VIPカードなどでもエンボス加工がよく利用されます。

今回は、そんなエンボス加工についてご紹介します。

エンボス加工とは

エンボス加工とはカードの表面に数字・英字(大文字)・カタカナを凸状に盛り上げる加工のことです。凸表面に色を付けることが可能です。仕上がりに立体感を持たせ、見た目や手触りで高級感を演出します。

会員カードや診察カードでは会員番号や会員氏名、クレジットカードやキャッシュカードではカード番号や有効期限、口座番号、氏名等を表示するためにも使われます。           また、エンボス加工は特殊な機械でないと作成できないため、偽造防止につながります。エンボス加工がクレジットカードや印鑑登録証に利用されるケースが多いのは、そのような理由もあります。

エンボス加工

1.エンボス加工できるカードの種類

※加工できるカードは85.6mm×54mm厚みは0.76㎜のJIS規格のみとなります。

  • PVCカード
  • PET-Gカード
  • 両面マットカード
  • クリアカード (※デザインによって可能)
  • 磁気隠蔽カード

2.文字への着色(ティッパー)

色は金・銀・黒・紺の4種類となります。

紺色はPET-Gのみになります。

ティッパー無しも可能です。

3.文字サイズ・仕様・位置

文字サイズは7ピッチ(7B)の「エンボス大」と10ピッチ(エリート)の「エンボス小」の2種類があり、ピッチは1inch(2.54cm)に納まる文字数を示しています。また、エンボス加工ができる位置はカード下半分の所定の位置と決まっており、指定されたゲージ内のみエンボスができます。

エンボス大は1行19文字まで、エンボス小は1行27文字まで可能になります。

カーディナルでは、エンボス大は数字・英字(大文字)・カタカナが、エンボス小は数字・英字(大文字)が利用できます。

エンボスゲージ

エンボス大エンボス小
文字数字・英字(大文字)・カタカナ数字・英字(大文字)
文字サイズ7ピッチ(7B)10ピッチ(エリート)
文字数最大19文字最大27文字
着色金・銀・黒・紺(PET-Gのみ)金・銀・黒・紺(PET-Gのみ)

エンボス加工で注意すべきポイント

※漢字やひらがなは打てません。

※フォントの指定はできません。

※エンボス大(7B)・エンボス小(エリート)を同時加工する場合、ティッパーの色は同色になります。一列目は銀色、二列目は金色が不可能です。

※加工の裏面は凹みますので、サインパネル加工する場合はお気をつけください。また、印刷された文字が読みにくくなりますのでご注意ください。

※エンボス大とエンボス小の同列印刷はできません。

※縦カードではエンボス加工ができませんので、違う印字方法で提案しております。

エンボスできないこと

追加で発生する納期・コストはどのくらい?

エンボス加工はオプションとなるので、必要な場合は納期とコストが追加でかかります。

枚数や仕様にもよりますが、納期は+1日~数日程度となります。

コストについては、作成枚数が少ない場合価格差はあまり発生しませんが、枚数が多い場合は数万円以上の差が生じる場合もありますので、予算などに応じて検討してみるとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。エンボス加工することによって、インパクトを与え、他にはないカードが作製できます。

カーディナルではあらかじめベースカードを印刷して、預かりカードに後日エンボスのみ加工することが可能です。無料カードサンプルの中にエンボスカードもご用意していますので、お気軽にお問い合わせください。

カーディナルとは? 選ばれる3つの理由

カード作成のお困りごとを解決するWebメディア「Card Market」を運営するカーディナルは、
50年以上にわたり30億枚以上のプラスチックカードを製作している
プラスチックカード専門メーカーのパイオニアです。